水草ビーシュリンプ水耕栽培雑記睡蓮器具・設備カメラ
水草とビーシュリンプの日々徒然
2013.08.25 Sun
ちょっと今日は宣伝?違うw

実は今まで、このブログでは一切触れていませんが、殖え過ぎた選別漏れな子達を、
定期的にオークションに出させて頂いております^^
その選別漏れ~な子達について、少し・・・

我が家のビー達は、所謂、有名ブリーダー血統を購入し、殖やした訳ではなく、
結構ショボ~んな子達を

大量に殖やす→少数選抜→殖やす→選抜

これを、数年繰り返して来た結果なんですが・・・
当然、その方式ですと、大量の選別漏れが産まれます^^;
その子達は、数本の大型水槽へとストックされるのですが、
そのストック水槽は、現時点での我が家的高グレード水槽など、全ての水槽からの漏れが終結し、
さらに、いつしかそこでも繁殖し、色んな表現や色の濃さが混在する面白血統となって^^;
IMG_0681.jpg
そんな子達を、定期的にオークションに出させて頂いております^^
おっ!?と思う様な綺麗な子やショボーんな子^^;
入り混じり、次世代にはどんな子が産まれるか予測も付かないお楽しみ血統!(物は言い様w)
を、これからレッドビーの飼育を始めてみようかと思われる、
初心者な方でも買いやすく、安価からのスタートとしております。

ちなみに、今回の記事は、オークションをご覧になった方への追加解説な意味合いで、
宣伝ではありませんので、あえてここではオークションIDは晒しませんw

ちょっとブログのネタも尽き気味なんで、書いてみました^^
IMG_0680.jpg
スポンサーサイト
2013.08.10 Sat
IMG_0658.jpg
IMG_0659.jpg
エビと、フンと、エサだけ。
なんとも殺風景な感じになって^^

RO水(仮にRO)を基本に、従来の水(仮にA)とフルボミネラル(仮にF)、水道水(仮に水w)とし、

RO A
RO A F
RO A F 水
RO F
RO F 水
RO F ソイル

と、6種類の水槽に5匹ずつえびさんを投入しました。
数日経っても、落ちる個体も無く、皆元気で一安心^^
暫く、水槽の立ち上がり方やえびさんの殖え具合を見て行きたいと思います。

まぁ、なんとなく予想はつきますがw
2013.08.04 Sun
今回増設した40x6連水槽について少し。
正確には、W410xD210xH260mm、水量約20Lのケースを6個、基本、ソイルレス(ベアタンクねw)で立ち上げました。
IMG_4485.jpg
そして、今回、ソイルレスでの立ち上げに踏み切った理由がこちら、
IMG_4451.jpg
長年の開発の末、ついに完成した!

フルボ、フミン酸と有機ミネラルの濃縮液!

今秋発売!!


一部だけ本当です^^
IMG_4456.jpg
まー^^

とりあえずソイルの変わりに水作りに使うのは、左から

海洋由来ミネラル
フルボ有機ミネラル
フルボ、フミン酸

あ、あと殺菌処理した滋賀県産の天然水!

まー^^
たんなる水道水ですw

この辺を色々ブレンドして6種類立ち上げました。

私の場合、ソイルを少なくしたいのは、リセットの手間を減らしたいのと、
ソイルの状態によって、水槽の調子を左右されたくないからですが、
全くゼロにする意味も実はあまりない様な気もします^^

まー無しで済むならそれもありかぁー程度で^^

ちなみに、超薄敷きで挑んだ前回の45水槽は、
IMG_4465_20130804232256f30.jpg
IMG_4469_20130804232259600.jpg
IMG_4479_201308042322591ae.jpg
どれも中々好調^^

ただし、
IMG_4484.jpg
この水草水槽?っぽいwのは、今は亡きアマパウを表層に敷いてます。
完全放置にも係らず、勝手に爆殖して、状態も極めて安定してます。
こんなの見てると、やはりソイルってラクチンだよなぁって気もしますね^^

2013.08.03 Sat
思い返せば・・・

今以上にレッドビーに真面目に取り組むため、

水槽部屋を作ろうと思い立ったのは、

3年前の冬だった。

それが先週ついに・・・

完成した!

全照明をLED化し、
少し水槽の配置換えの後、
最後の水槽設置を行った。

まぁ・・

たんにこれ以上水槽が置けないところまで、ついにいっちゃったんですねw
実際の現場はこんな感じ~
IMG_0641.jpg
奥から

手前から
IMG_0642.jpg

そして、最後の増設を行ったのが
IMG_0649.jpg

40x6連!

これは新たなセットパターンのバリエーションなんですが、

なんと!ソイルレスバーションw
水作りに、ついにソイルを捨て去り、水だけで勝負!?

さてどーなるか?詳細は又書きますー^^

Template by まるぼろらいと