水草ビーシュリンプ水耕栽培雑記睡蓮器具・設備カメラ
水草とビーシュリンプの日々徒然
2011.09.29 Thu
まず、立ち上げから1ヶ月が経ったNewアマの30Cと45ですが、ついに!

2011-09-26_7393.jpg
アンモニアが無くなりました~(ただし左30Cだけ)
45は今回が初のアマ+底面なんですが、底面だけに養分の溶けだしがズルズルと長引くのかな?

早速飼育水の大半を入れ替え、TDSを整えパイロット投入。
2011-09-29_7381.jpg
ガラス面にはうっすら緑コケ。
この時期のアマゾニアは、弱光、CO2無添加でも良く水草が育ちます。
さ~て、えびさんの繁殖具合はどうでしょうか。

次に、先日のエアコン30℃事件。
週明け、早速サービスに電話して点検に来てもらいました。
結果、正常!との事・・・
元々、家庭用エアコンの自動運転とは、365日24h温度を一定にする様には考えてないらしく、
季節の変わり目で冷房から暖房に切り替わる時にその様な事が度々あるらしいです。
気温の高い時は冷房、気温がしっかり下がってから暖房で運転すると、その様な事にはならないらしいですが・・
それなら自動運転なんて要らないですよね!
単なるプログラムの欠陥な気もしますが。
取り敢えず現在は、日中、気温がまだまだ上がるので、冷房27℃設定にて運用しています。

最後に、硝酸塩MAXだったメインタンク。
あれ以来、換え水の頻度、量を増やし、硝酸塩の推移を見てきましたが・・・
全く下がりませんwww
2011-09-29_7374.jpg
エサの食い付きも上々なので、やっぱり気にしない事にしましたとさ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.09.25 Sun
2日ぶりにえび部屋に入った。

入った瞬間
2011-09-08_6734.jpg
「ん?」

通常、この部屋はエアコンの自動運転により、室温で26℃、水温24~25℃程度で保たれている。
最近は、外気の方が低くなることも多く、室内の湿度が高いこともあって、
この部屋に入ると少しムッとすることも確かにあった。

ところが今日は、

「むわぁぁん」と熱気が。

あわてて温度計を見ると!

30℃!!?なんだこれ!

案の定、調子の悪かったタンクでは、横たわるえびさんがチラチラ・・・

自動運転って、自動で同じくらいの温度に調節してくれるんじゃないんですか???
つい最近までは、外気が高かったので、冷房のON、OFFで常に25~26℃をキープしてくれていた様に思う。
外気が下がったので、暖房に切り替わり、そのまま運転した?
これって故障?
それとも何か設定間違えてる?

部屋を作り、エアコンを取り付け、電気代を捻出し、すべてはえびさんが夏を快適に乗り切るため。
最近は気温も下がり、ようやく乗り切ったと思ったら、

なんでここだけ今頃真夏やねん!www

その後、何度か電源ON、OFFや設定温度の変更を繰り返しているうちに、ちゃんと冷房に切り替わり、
室温は徐々に低下。

もちろん、慌てて探した取扱説明書&保証書がとうに紛失していたのは言うまでも無い。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
2011.09.12 Mon
と言う訳で?
先月セットした30C
2011-09-08_6675.jpg
と45
2011-09-08_6680.jpg
久しぶりのアマ、しかもNEWと言う事で、立ち上がりの様子を知りたくなり、珍しく水質検査などしてみたいなぁなんて思い立ち。

ところが!
試薬なんてものはここ何年も使った事も無く、
ようやく探し出した十数年物のテトラ検査薬は全く反応せず・・
しかし!思い立ったが吉日。
今すぐに測定したくなった私は、これまた超久しぶりに地元のショップへGo!
ところが・・・
2件はしごするも、NO3測定キットが見当たらない・・
硝酸塩測定キットってそんなにレアか??さすが地元ショップ、足が遠のくのも・・
仕方なく帰宅し、断腸の思いでいつもの所でポチる。
そしてついに!!待ちに待った!(と言っても2日)
ブツがようやく今日!!!
2011-09-12_6805.jpg
早速測定!!するも、全くの予測通りで一気に熱さめるw

しかーし!
折角試薬を買ったので、なえた気力を奮い立たせ、他のタンクも一応調べて見る。
2011-09-08_6682.jpg
稚えびもワラワラ出だし、調子が上がりつつあるも、たまに★が出る^^いまいちなメインタンク。
試しにNO3を測定してみると・・

なんと!
測定限界MAXまっかっか!!w(写真無し)

仕方なく?
2011-09-12_6815.jpg
稚えびワラワラ、★無し、爆殖モード突入中のタンクもチェック。

!!!?

測定限界MAXとまでは行きませんが、結構な勢いで真っ赤・・・

くそう・・試薬なんて買うんじゃなかった・・

水換えしたくなるじゃぁないか!!(しろよと言うツッコミはなしでネ)

もちろん、これ以降のタンクの測定を止めたのは言うまでも無い。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
Template by まるぼろらいと