水草ビーシュリンプ水耕栽培雑記睡蓮器具・設備カメラ
水草とビーシュリンプの日々徒然
2010.10.31 Sun
我が水槽達は冬支度も大体終え、来年早々のリセットまでようやく一息と言ったところです。
決め兼ねていた選別の方向性も何となく定まり、お気に入りを特選して、又一から初めて見ようと思っています。
でもそれって、結果が出るまでに1年くらい掛かるんですよねw

まーぼちぼち行きますかぁー

で、現状のご紹介でも

まず
B-1
2010-10-28_3868.jpg
あまり狙った選別はしていない。
後々に何かに使おうかと、ある程度の表現と色の厚さだけをすこーし気にして維持している区画。

B-2
2010-10-28_3797.jpg
所謂、漏れ。
色んな子が混じっているのでここからはあまり移動出来ない。

A-1
2010-10-21_3765.jpg
主に好みのバンドを集めてみた。
B-2にも似た個体は多いが、こちらは30CUBEで特選した個体の子孫。
より血が濃くなって、出てくる表現の特徴も絞れてくる。
基本的に、BからAへの個体の移動は無い。

A-2
2010-10-28_3935.jpg
同系統のバンド以上。
実は今後の注目はこの区画で、ここから更に特選して・・・
なんて妄想に耽っている今日この頃。

あ、紹介しなかった、A-3とB-3と30CUBEは・・ナイショですw

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.10.23 Sat
えびさん撮ってみました。

むか~し、ビデオカメラを購入した際、オマケでもらったしょぼい三脚があったんです。
使ってみようかな~と思いつつ・・つい面倒でwいつも手持ちで撮影していたんですね。
でもまぁ、基本的に三脚は使う様でw試しに使ってみる事に。
と言う事で、本日三脚初体験。

2010-10-21_3776.jpg
う~ん?

2010-10-21_3772-0.jpg

トリミングで
2010-10-21_3772.jpg
もういっちょ!
2010-10-21_3765-2.jpg
ズームイン!
2010-10-21_3765.jpg

トリミングして拡大しても割と見れるって事は、多少なりともピントはマシ?なんでしょうか。
良く判りませんね~w

とりあえず、一番左のタイガー。

お気に入りです!

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
2010.10.19 Tue
明けて月曜日、、、

幸いひっくり返った個体も無く、水槽内はいつもと変わらず。
と言う事で、早速追加で投入。

実験水槽
120x45x45OF、水量約270L
PH 6.16、KH 1以下、GH 2以下、TDS 65ppm
タイプN 5ml添加
PH 6.17、KH 1以下、GH 2以下、TDS 73ppm

1mlを1000倍希釈時のTDSが433、KH1以下、GH13とすると、計算上はこの水槽に1mlの添加で、TDSが約1.6、GHが約0.05上昇する。
上記5ml添加時の数値を見ると大体そんなものか。
逆にGHを1上げたければ、20mlの添加が必要。
その場合、TDSは32上昇。
換え水時に添加するならば、純水100Lに25ml、TDS40にGHが1.25、これくらいだろうか。
更に倍の50ml、TDS80にGHが2.5。
この数値を見る限り、極端にカルマグが豊富、と言う訳でも無さそう。
しかし、ROライトと比べると使い勝手は多少マシ?
あと、100Lに50mlの添加となると、ランニングコスト的にもどうだろうか。

えびに目に見えての変化はないかもしれないが、少し控えめな添加で、無いよりはあった方が良い程度で維持するのがベストな気がする。

それと、添加時、どうも水槽内がざわざわする。
抱卵促進の方が目に見えて効果が出るかも。

あとは有機物をもう少し。
これくらいの水なら、水草育成的には結構良い感じなのかも。

まぁどれもこれも、ソイルのコンディションを良い状態で維持するのならあまり・・・
あくまで補助的なものかもしれない。

以上、記録&雑感。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
2010.10.17 Sun
ミネラル?
メネラルって言いそうになりません?
知らぬ間にミネラル、ミネラル、メネラル?ミネラル?とブツブツつぶやいている自分にふと気付き愕然とします。
もうほとんど病気ですね!w

と言いますのも!

RO浄水器を使い始めてから3年、ずっと悩みの種だったのが、
メネラル(違w ミネラル。

RO浄水器から出てくる水は、良くも悪くも純水、つまり、生物や植物に良い、悪い、有用無用問わず何も無い訳です。
必然的に、何らかの形で、各種微量元素を補充してやる必要がある訳ですが、どうもこれと言った物が見当たらなく、長年探し求めていたのです。

そして、先日・・
keeper_BeeさんのBeeハウスへお邪魔させて頂いた際、
あ、keeper_Beeさんは非常に研究熱心な方で、情報に疎いw私が初めて見るものを多数お持ちで、その中から実際に使用してみて好感触だったいくつかご紹介頂き、図々しくもw2種お土産に頂いてきました。

それがこちら↓
2010-10-16_3749.jpg
タイプMとタイプN(あえて名を伏すw

まぁ実際の成分や比率など、細かい事までは分かりませんが、備忘録を兼ねてちょっと記しておきます。

まず、そのままでは濃すぎて何も計測出来ないので1000倍に希釈。

タイプM TDS/183ppm KH/1以下 GH7
タイプN TDS/433ppm KH/1以下 GH13

意外にもNの方が濃度が高かった。
ちょうど倍くらいですね。
そして実際の使用感は、タイプMは少しPHが上昇する感じ。
190Lの水量に2mlの添加で、TDSは5上昇、硬度は1上昇 くらい・・・  だった気がする・・・
と言いますのも!
時間が無かったのと面倒くさくなってきたのとで正確なデータが残っていませんww
記録したメモはどこかへ紛失するし・・

まぁ少量で確実に硬度は上昇する事は確認できましたし、換え水時にTDSで調整する事にしますw

でもこれを基礎に、各種有機酸、ビタミン等を含むコンディショナーで調整すれば、水草育成に最高な水が・・
あれ、レッドビーの話だったのか?

とりあえず、すべての水槽に添加してみたのが土曜日の話。
本日えび水槽は見てないので、明けて月曜日、

えびさんがひっくり返って無い事を切に願う(イヤまじでw

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ人気ブログランキングへ
2010.10.15 Fri
今年の6月に13匹でスタートした特選(我が家的)水槽。
順調に数も増えて、今年の目標だった「選別しまくれるほど増やせる様になる」は何となく達成出来た様な気はしますが・・・

これ見て下さい↓
2010-10-14_3744.jpg
バンドからモスラちっくな子までバラエティーにとんだ子達が出るわ出るわw
同じような個体を13匹選抜したはずなのにw
さて、どうやって分けようかなぁ

悩ましい・・
Template by まるぼろらいと