水草ビーシュリンプ水耕栽培雑記睡蓮器具・設備カメラ観葉植物
水草とビーシュリンプの日々徒然
2010.04.25 Sun
現在、うちのえびメインタンクには3つのエアーポンプが使われています。
しかし、そのうちの2つはもう15年選手で、奇跡的に吐出量はそれほど衰えていませんが・・
ブ~んって音がうるさいっ!

で、今更エアポンプを買いなおすのもあれなんで、、
買ってみました、ブロアさん
巨大エアポンプ

色々と凝った配管をしようと思案していましたが、得意の面倒臭病が再発。
不本意ながら、ただの10分岐に・・
使う塩ビ管はVP13、これはブロア付属の接続ゴムにぴったりだから。
まず穴を4.8mmのドリルで空け・・
2010-04-24_1657.jpg
一方コックをドリルに装着。
2010-04-24_1658.jpg
ウィーンとねじ込み。
2010-04-24_1660.jpg
キュキュと微調整。
2010-04-24_1661.jpg
完成。
2010-04-24_1664.jpg
設置はこんな感じ。
2010-04-24_1669.jpg

面倒臭くなってきたら、先々不都合が出たらまたやればいっか~とか思いませんか?

オモイマセンカ・・・

まーこれで投げ込み式やエアレなど追加し放題だ~(ただし10個まで)
導入へ踏み切る元となったポンプの音ですが・・・
部屋に静寂が戻って来ました!
あ、もちろん個人差はあると思います。
前エアポンプがすっごい音だっただけにそう思うだけかもしれません。
あしからずw

スポンサーサイト
2010.04.24 Sat
でも、はじめるのはレッドビーじゃないんです。

こちら↓
090713-tomato.jpg
そうです、プチトマトの水耕栽培。
昨年は初トライにも係わらず、2株で1200個以上の収穫に、すっかり味を占め、
懲りずに再セットアップを図ります。

こんな感じ
こんな感じ

しかも今年は、毛管水耕栽培と言う手法をとります。
中身はこんな感じ
通常の方式では、根へ酸素を供給するためにエアレーションが必須となりますが、この方式なら水上に有る根から十分に酸素を補給するためエアレーションが要りません。
これなら更に手軽に始められますね。

培養液は、大塚ハウスと言う水耕栽培専用の肥料を使います。
使用前に3液を計量、混合したりと扱いは多少手間ですが、HCで売っている微粉ハイポなどの水耕栽培「にも」使える肥料とは明らかに植物の育成具合が違います(たぶん)

以下に備忘録を兼ねて肥料の配合を記しておきます。

大塚ハウスA処方

大塚ハウス1号、2号、5号、3種の肥料を使います。
1号と2号の比率は、1.5:1、使い易い様に水に溶いて濃縮液を作ります。
具体的には、
水2Lに1号を300g
水2Lに2号を200g
水500mlに5号を10g
それぞれ溶かします。
この時、40℃~60℃くらいのお湯で溶かすと溶けやすい。

EC1.3の溶液を作る場合。
使用する水は塩素を抜いた水道水。
水10Lに1号、2号の濃縮液を各50cc、5号を15cc溶かします。
この時、高濃度のまま各液を混合すると、化学反応により使用不能となるので、1液混合ごとに軽量カップ等を軽く洗う事。


あとがき、
そもそも何故トマトの水耕栽培などやっているかと言いますと、
この大塚ハウス、土壌の力など借りず、科学肥料だけで植物を見事に育成します。
大磯で水草を育てていた私は、砂利底の土壌としての限界にいっその事見切りを付け、無機肥料のみでの育成は可能かと色々と調べていた所、大塚ハウスに出会いました。
そして・・・
トマト栽培に嵌りましたw

あ、一応、水槽には入れてみたんですよ?
そうしましたら、苔だらけにw
窒素やリン、その他をたっぷり含みますから当たり前ですけれどw
厳密な濃度の管理が必要なのを思い知った次第。

2010.04.21 Wed
緑の絨毯に赤白えびがワラワラ~を夢見て立ち上げたメインタンクですが。

水草を植裁してから十日あまり、冷凍バケツ内で放置され、
完全にやる気を失っていた水草達も徐々に回復の兆しを見せ始めました。
2010-04-20_1621.jpg
破壊と再生を見事その草体に刻み付けた、パンタナール・レッドピンネイト。
牧場には不釣合いですが、お気に入りでどうしても捨てられなかった・・・

エラチネオリエンタリスも復活の兆し。
2010-04-20_1634.jpg
しかしピントは何故かヤマトに・・・

ところが、肝心のキューバ・パールさんの動きが思わしく有りません。
今回使った無印ソイル、そう言えば苔の発生も全くありませんし、もしかしてあまり養分を含まないのかなぁと
数日前にアクアフローラを追加投入。
2010-04-20_1625.jpg
動いた!??

ソイルでの水草育成は殆どやったことが無いのですが、いきなり追肥とかしても大丈夫なのかな?
まーいっかw

全洗いした濾過の調子もまずまずで、水の透明度も徐々に戻りつつあり・・
2010-04-20_1607.jpg
さてさて、この荒涼とした大地が緑で埋め尽くされ、赤白えびさんが群れる日は果たして来るのでしょうか!

続きはまたw


2010.04.20 Tue
いえ、パクった訳ではありません。

SUI-laboratoryの軸太さんにちゃんとお願いして頂いたんですよー!
更にうちのTOPに合うようにリサイズまでしてもらって・・・・

軸太さんありがとー!
それにしても、エントリ毎にこれだけハイクオリティーな画を毎回作ってらっしゃるってすごいです。
ありがたく再利用させて頂きますw

しかし・・・

これで晴れてえび専ブログに!www

え?
2010.04.18 Sun
今年1月27日に立ち上げた、えびメイン水槽の近況など・・

セット後約3ヶ月、ようやく本格的にエンジンが掛かり出して来たようです。
これまで水の富栄養化に勤めてきましたが、十分水が出来てきたようなので、最近は絞り気味です。

水槽データ
120x45x45、セパレータで3分割。
濾過 エーハ2217、ダブルブリラントx3
底床 無印ソイル10kg
PH 6.0付近で安定
GH、KHともに2以下。

抱卵、稚えびの孵化率も良好。
稚えび
ピントが合ってないww

第1区画、黒子ちゃん
黒

第3区画、バンドちゃんMIX
選別漏れMIX

第2区画は・・・
まだ何を入れようか迷い中。

このまま調子良く維持出来ますように(超祈

Template by まるぼろらいと